これから結婚する人は離婚の知識をつけておきたい

結婚を人生のゴールと言う人がいますが、はたしてそうでしょうか。ゴールと言うことはそれから先はないことになりますが、それは結婚生活が順調にいったときの話ではないでしょうか。しかし今では結婚しても順調に行くのは3組のうち2組でしかなく、後の1組はせっかくゴールを目指して結婚したというのに途中で離婚してしまうのです。したがって結婚したカップルのうち30%以上が離婚する今の時代では、結婚を人生のゴールと言うのはふさわしくないように思います。まあそれはともかく、全体の30%以上が離婚する今の時代には、結婚の時点で離婚を前提として考えておいた方がいいのではないでしょうか。つまり結婚の際に離婚に対して保険をかけておくのです。保険をかけると言っても離婚保険に入るのではなく、離婚に対する心積もりをしておき、そのときのために知識をつけておくことです。巷間では離婚は結婚より難しいと言われています。したがって離婚で失敗しないためには離婚に対する正しい知識をつけておく必要があるのです。

離婚に対してはどんな知識をつけておけばいいのか

離婚で失敗しないためには離婚に対する正しい知識をつけておくことです。では正しい知識とはどんなことかと言えば、それは離婚で最も大きな問題になることについての知識です。離婚で主に問題になるのは、<親権>、<慰謝料>、<財産分与>、<養育費>の4つではないでしょうか。離婚でこの4つの問題をスマートに解決できたら、その後の人生も比較的スムーズに展開することができるのではないでしょうか。つまり第二の人生に向かって順調に滑り出せるのです。しかしこれらの問題を解決できない離婚は不幸の種を背負っての出発と言うことになりますかす。したがってその後の人生は荒波のもまれることになるかもしれません。こうならないために、日ごろから離婚に対する正しい知識をつけておくことが必要なのです。