成田離婚という超スピード離婚があるが

数ある離婚の中にはスピード離婚と言われる離婚があります。つまり結婚してから離婚するまでの期間が非常に短い離婚のことを言います。でもいくら期間が短いと言っても「成田離婚」に勝るものはないでしょう。成田離婚とは結婚したカップルが新婚旅行に行くために空港へ向かって出発し、着いた空港で飛行機に乗る前に離婚してしまう超スピード離婚のことを言います。これを空港離婚と言わずに、日本で最も有名な空港の名前をつけた成田離婚と言うところがおもしろいではないですか。この離婚の原因には、「夫がパスポートを忘れてきた」とか、「夫のトラブル処理が下手で、万事につきスマートに振舞えない」とかの些細なことです。それを妻側が問題にして離婚に踏み切ってしまうという非常に極端な例なのです。こうしたことが起るのも、女性側に海外旅行の経験が多いのに対して、男性側がそうでない場合ば多く、バランスが取れていないことが、旅立つ寸前になって露呈したのではないでしょうか。こうした例は決して多くはないのですが、女性が強くなったことをよく表す象徴的な例として、大げさに取り上げられているのです。

いま家庭内離婚が多くなっている

上に挙げた成田離婚は稀なケースですが、これから書く家庭内離婚という状態は決して稀ではなく、いま次第に増えている隠れた離婚の形態だとも言えます。家庭内離婚は別名家庭内別居とも言われています。つまり、離婚して夫婦別々に住まないまでも、同じ屋根の下にいても実質的には別居状態とも言ってよく、夫婦の寝室が別だけでなく、食事も別々でお互いのコミュニケーションもないという名ばかりの夫婦なのです。したがって実質的には離婚しているとも言ってよく、単に世間体や子どものために夫婦の形態を装っているだけなのです。